給湯器には3つの種類がある

給湯器には3つの種類があります。浴槽に水を張ったあと、お湯を沸かす「ふろがま」、キッチンやシャワー、お風呂の給湯などができる「給湯器」の他、給湯器の機能にプラスし浴槽のお湯はりから追いだきができる「ふろ給湯器」などがあります。ライフスタイルを考慮し、自宅にとってよい給湯器のタイプをチェックしましょう。

業者に依頼して給湯器の急な故障も迅速対応!

突然の給湯器の故障は「お風呂に入れない」「お湯が使えない」というばかりではなく、火事の危険性も伴います。特に大阪や東京などの住宅地などでは1件の給湯器トラブルで起こる火事が地域一帯の被害へとつながります。そのため、業者に依頼して迅速対応を求めましょう。

給湯器が故障した際に業者へ連絡する流れ

作業員

まずは電気やガスの供給を止める

給湯器に不具合が起こった場合は、電気給湯器なら当該ブレーカーを、ガス給湯器の場合はまずガスの栓を一旦止めて使えないようにしておきます。こうすることで、誰かが故障に気付かず使ってしまうことうや、思わぬ二次災害を防げます。風呂などに水が残っている場合は水を抜いておきましょう。

給湯器の種類(型番をチェックする)

給湯器の種類をチェックします。これは、修理業者に不具合の状況を調べるために必要だからです。「風呂がまタイプ」「セミオート(フルオート)タイプの風呂給湯システム」「風呂のお湯はり・追いだきなしの給湯器」といった3つのタイプの他、その型式もチェックしましょう。可能な限り「シリアルナンバー」も調べておくと、いつ頃の製品か知ることができます。

どんな故障が起こっているのか不具合をチェック

今、どのような不具合が起こっているのかを書きだしてみましょう。「お湯が出ない」「変なにおいがする」「煙が出た」「変な音がする」など些細なことでも伝えることで、故障場所の見当がつけやすくなります。「いつ頃から」「どんなふうに」ということも合わせて伝えましょう。メモや画像(動画など)に残しておくとスマートです。

給湯器修理業者へ連絡する

迅速に修理に来てくれる給湯器修理業者へ連絡しましょう。大阪などでは、連絡後数時間以内に来てくれる業者も存在しています。お湯はライフラインに必要ですので、いち早く状況を把握してくれてすぐにでも修理や交換をしてくれる業者が多く存在します。費用面や対応などが良い業者を選ぶことも大切です。

生活に欠かせない給湯器【故障時にはレンタルシステムもチェック】

給湯器

専門店がおこなっているレンタル給湯器システムを知っておこう

レンタル給湯器システムがあることをご存知でしょうか。これは、故障などで一時的に使えなくなった給湯器の修理待ちなどの期間、給湯器をレンタルしてもらえるというシステムです。風呂や既存の給湯システムとのマッチングもありますので、同タイプの給湯器のみのレンタルとなりますが、連絡後すぐに駆けつけてくれるので、心強い味方となってくれるはずです。設置工事は故障した給湯器の撤去も含め1時間ほど。安全確認後すぐにお湯が使えます。

[PR]
給湯器の交換は専門業者にお任せ!
お手頃価格で対応してくれる

[PR]
ガス給湯器の設置をしてもらおう
優良業者の情報を公開中

[PR]
給湯器の故障ならプロに相談☆
お手頃価格で作業を実施中☆